刑法133-135秘密を侵す罪

第十三章 秘密を侵す罪

(信書開封)

第百三十三条 正当な理由がないのに、封をしてある信書を開けた者は、一年以下の懲役又は二十万円以下の罰金に処する。

(秘密漏示)

第百三十四条 医師、薬剤師、医薬品販売業者、助産師、弁護士、弁護人、公証人又はこれらの職にあった者が、正当な理由がないのに、その業務上取り扱ったことについて知り得た人の秘密を漏らしたときは、六月以下の懲役又は十万円以下の罰金に処する。

 宗教、祈とう若しくは祭の職にある者又はこれらの職にあった者が、正当な理由がないのに、その業務上取り扱ったことについて知り得た人の秘密を漏らしたときも、前項と同様とする。

(親告罪)

第百三十五条 この章の罪は、告訴がなければ公訴を提起することができない。

・法律はe-Govからのコピーです。
・音声ファイル作成は音読さんを用いています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました