刑法162-163有価証券偽造の罪

第十八章 有価証券偽造の罪

(有価証券偽造等)

第百六十二条 行使の目的で、公債証書、官庁の証券、会社の株券その他の有価証券を偽造し、又は変造した者は、三月以上十年以下の懲役に処する。

 行使の目的で、有価証券に虚偽の記入をした者も、前項と同様とする。

(偽造有価証券行使等)

第百六十三条 偽造若しくは変造の有価証券又は虚偽の記入がある有価証券を行使し、又は行使の目的で人に交付し、若しくは輸入した者は、三月以上十年以下の懲役に処する。

 前項の罪の未遂は、罰する。

・法律はe-Govからのコピーです。
・音声ファイル作成は音読さんを用いています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました